決意、ふたたび。

ロングマンの英英辞典をつかって、
英語を英語で覚えるようにしようと、決意したのはいつだったか・・・。

そんな決意もどこへやら、
単語力を増やす努力をまったくしていないのはどういうことか。

私の英語力の弱点は、はっきりしていて、それはボキャ貧であることなのです。

そんな自分への戒めリンク。

英単語が覚えられないたったひとつの決定的な理由

[PR]

# by yebypawkawooo | 2008-11-04 03:06 | ・語学など  

平行して複数の可能性を選択していくこと

 今日、通勤途中の電車の中でつらつら考えていたこと。

 やはり、私は現実逃避願望がある。というよりも、知らない世界をもっと見てみたい、という願望が強い。幼少時より転勤を重ねてきたことと関係があるのか無いのか、ひとところにとどまり続ける、という状況は、(あくまで現状の自分の感覚から言うと)将来的にもちょっと考えにくい。
 今、外国に行っている幾人かの友達の近況(ブログとか、mixiの日記とか)を読むと、そしてそこでのエピソードの数々を見ると、私はここで何をしているのだろうか、と思う。もちろん、なんでもない日々の積み重ねというのは何よりも強いし、絶対的なものだとも感じていて、ただそれは、無いものねだり(あるいは自分への言い訳?)なのかもしれない。

 いずれにせよ、ひとつの可能性としての脱出(あるいは一時的な逃避)をつぶしたくは無い。いつでもできるという事は、保険としても機能する(選択肢が無いのは恐ろしい)。

 そのための具体的な行動を、じゃあ私は何かしているのかというと、しようとしてはいるものの、全てが結果的に中途半端で終わっているのは否定できない。もう少し、ストイックに進める必要があるし、実行力をもっとつけなければならない。

 そんなことをつらつらと考えながら、一方で、平行してすすんでいく可能性についても想う。昔は、選択肢をひとつに絞って、それに向けて最短距離一直線でいけるのが一番望ましいのではないかと思い、そうできない自分にもどかしさを感じたりもしていたけれど、そうではなく、複数の将来像へ向けた複数の道を同時に歩んでいくということの面白さを今では感じる。つぶしが利くとかとそういう意味ではなく、全く関係の無い(ベクトルの異なる)物事であっても、あるいは次元の違う話でも、同時並行で進めていく事は可能だし、むしろ今の私そうでありたいと望んでいる。かといって、目指しているのはジェネラリストではなくスペシャリスト。そういう進み方を、もう少し模索したいなぁと、そんなことを考えながら日比谷線にゆられていた。
[PR]

# by yebypawkawooo | 2008-08-27 10:07 | 日々のこと