<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

胃が痛い日の、中華料理あれこれ

d0119787_4222490.jpg今日はなんだか、朝から胃が痛かった。

起きぬけにいきなり、カップヌードル(ミルクカレー味)を食べたせいかしらん?いや、確かにこれはきつかった。さらに言えば、私はただのカレー味のほうが好きだった。

いや、そんなことはどうでもよいのです。
今日は、胃の痛さをなかったことにして一日を過ごしたのですから。

なぜなら、今日はお友達と、中華料理を食べ放題しにいく予定が詰まっていたから。
ええ、もちろん食べ過ぎました。その結果、非常に胃が痛い。胃痛が痛い。痛くて寝れない。
もうこんな時間なのに寝れない。だから日本語がおかしくなる。

くやしいから、中華料理の思い出でもしたためておこうかな、と。

1.中国茶館2号館@池袋西口

胃痛の原因。にっくき中国茶館さんです(逆恨みもいいとこ)

こちら、2,500円で食べ放題90分。
食べる時間も入れると、結局2時間くらい居すわった我々。
店を出たのは、もう23時を回ってました。ちなみに24時まで営業してるらしい。

ええっと、食べたのは、

ほうれん草のにんにく炒め、大根もち、ショーロンポー、焼き餃子に水餃子、翡翠餃子にふかひれ餃子、肉まん、牛肉とセロリの炒めもの、鶏唐揚の香味ダレ、クラゲ、マー“ポ”豆腐(誤変換ではない)、あんかけ炒飯、なんたら麺(忘れた)・・・。そいでデザートに、烏龍ゼリー、杏仁豆腐、マンゴープリン。


うん、まぁおいしい。けど、すんごく美味しいわけではなく、普通に庶民的においしい。
着目すべきはむしろおばちゃん。
頼んでないのに、「これおいしいよ~」て勝手に注文してくれる。
その勢いには有無を言わせぬものがある。
ま、食べ放題だしいっか、なんて思ってたら、私みたいに胃が痛くなること請け合いです。

評価ポイントは、
1)中国茶。中国式にきちんと入れてくれる。
2)それから、きちんと注文を受けて作ってくれる。だから出来立てホカホカ。
3)最後におばちゃん。


2.「上海小吃」@新宿歌舞伎町

ここは、断然お勧め。
何がお勧めって、揚げパンがお勧め。
外がカリッ。と思いきや、中がもちもち。もーもちもち。
これをね、アサリの炒めもののお汁につけて食べるんです。うまーです。

何がお勧めって、立地もお勧め。
新宿歌舞伎町は風林会館の近く、細ーい路次を入った奥にあります。
男性だけで訪れるならば、何人もの客引きのお兄さんをすり抜けていかなければなりませぬ。
バスケ選手の如く、うまくドリブルですり抜けてね。

何がお勧めって、お姉さんがお勧め。
かわいんです。キティーちゃんのエプロンしててね。
「これ、きてぃのしゃちょさんにもらったのよ~」なんてニコニコしてるの。
絶対それ社長さんじゃないから。

何がお勧めって、飲み物もお勧め。
ていうか、持ち込み可なわけ。
だから貧乏なそこのあなたは、すぐ近くの酒屋さんで缶ビヤーを調達していきましょう。
あ、酒屋の場所わかんない?大丈夫、お姉さんが教えてくれるから。


3.「黄鶴」@札幌グランドホテル
いきなり飛びました。浪漫と大志と雪まつりの地、札幌です。

ものすっごくお腹すかせといてください。だって、ここも食べ放題なんだもん。
でも、ちょっとだけ奮発してね。ランチに7,000円。・・・。

待って、ひかないで!だってすんごくおいしんですってば。
メニューの一部をご紹介しましょう。
* ・黄鶴伝統の北京ダック
* ・ふかひれの五目入り醤油味煮込み
* ・あわびのクリーム煮込み
* ・なまこの醤油味煮込み
* ・大正海老のチリソース煮
ほら、ほら。この他にもすげくて、全71種類。
全部なんか、なんだか。高級そう!なの。おいしいの。
だからもちろん食べ過ぎるわけ。

うまく歩けないほどお腹に詰め込んで、
吐きそうになりながら胃薬を飲んだ思い出がよみがえる。あぁ、懐かし。

胃が痛いまま日が昇った。
もうこの際だから、一日をこのまま始めようかと思う。アーメン。
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-05-24 04:45 | 日々のこと  

おいしい魚が食べたい日々

さかなさかなさかな。
おいしい魚三昧、最近のわたくし。
東京にはおいしい魚が集まるという。
初めて聞いたのは、札幌のTQホテルにて。
バイトしてたんです、私。朝食バイト。
そのマネージャさんが、東京出身。
で、彼女、札幌なんかより築地のある東京のほうが魚がおいしい、ってな剛球発言をなさる。
びっくり。だって、天下の北海道なのに。

でも、東京の魚、おいしいね。うん、おいしい。
お勧めのお店を、だからまとめてみました。
お勧めされた店も、含まれまうす。

1.たつや@阿佐ヶ谷
ここはねぇ、最強です。私の中で、いまんとこNo.1。
駅から遠いんです。わかりにくいんです。入り口小汚いんです。
店を開けると、カウンターの中におじさんが一人。彼が、たつやさん。
はにかむ笑顔がかわいんです。
刺身頼むと、魚がまるっと一匹出てくるよ。うまいんです、これが。
頼んでないのに、はんぺん焼いたんとか、シラス干しとか、沖付けとか、どんどん出てくるよ。
お腹いっぱいでもうたべれなくなっても、どんどん出てくるよ。
ウーロン茶たのむと、ペットボトルが出てくるよ。もちろん2リットル。
お会計、安すぎなんです。こんだけ飲んで食べさせて、2,000円はないだろうと。
男の子同伴で行くと、普通に請求されるらしいからお気をつけて。

2.里の宿@吉祥寺

こちらはお昼に行きましょう。お昼の定食を食べに行きましょう。
魚屋さん直営です。そりゃあうまいに決まってます。
ご飯と、お味噌汁と、小鉢2個。それにお魚。お魚は好きなメニューを選べます。
サンマの塩焼きにするか、キンメの煮付けにするか、ブリ照り焼きも捨てがたい。
散々迷いましょう。その日その日でメニューは違うから、ご注意。でもそれがまた、楽しみ。
あのね、そんでこのご飯がおいしんですよう。お米がたってるんです。
よだれが出てきます。
あ、席15席しかないから、休日に行くと大抵並んでます。
会社サボって、平日に行くのが正しい行き方です。
その後は、井の頭公園で本でも読みながらたそがれましょう。
だってせっかくサボったんだから。

3.一隆@三宿

まず、雰囲気がいいよね。畳の奥座敷。
ほら、盆暮れ正月、親戚一同が会して、
じゃちょっと近所の和食やさんでご飯でも、って。そんな感じ。
このお店は広いです。でも、予約しないとたぶん入れない。人気なんです、きっと。
あのね、とにかくね、魚がおいしいのね。そうなのね。
うにがモリモリ盛られてます。素敵。
でも私のお勧めは貝です。貝がすきなんです。貝のお刺身5点盛りでもいっときましょう。

4.五反田でい@五反田
こちらは、ちょっと小洒落とります。
デートなんかに、いいんじゃないすか?
カウンターには、男女ペアしかいませんでしたもん。
メニューまでも小洒落てます。
ほら、和紙っぽい紙に手書き風の墨書き風の筆書き風で、日替わりメニューがでてくるでしょ。
お魚たべたーい、なんて女の子に言われたときには、つれてってあげたらいいと思います。
お酒の種類が豊富だからさ、ほら。梅酒もいっぱいあったよ。
きっと喜んでくれるでしょう。

5.居酒屋 燻し家 もっくん@吉祥寺
あ、えっと。これは、なんていうか、番外編です。
あの、お魚がおいしいって言うか、燻製がおいしいんです。そんでもって、安いんです。
ほっけの燻製とか、ししゃもの燻製とか、おいしんです。いぶされてるんです。
思い出すのは、大学でやった燻製実習。
卵とか、ベーコンとか、ちくわとか、チーズとか、いぶしながらつまみ食いして怒られた。
そんな甘酸っぱい味がします。


そんなわけで、魚な日々。とどほっけむらにいきたい。
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-05-09 02:02 | 日々のこと