<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

川崎経由して新宿にて思う -岡本太郎美術館

先日、友達と岡本太郎美術館@川崎へ行った。
岡本太郎って、すごい。
作品もそうだけど、私はその思想とか考え方になんだか納得してしまった。
その考え方で、この作品が生まれたんだなぁということが、すとんと落ちた。
ぐさぐさと、今の私に刺さってきた。
あ、今ここに私は来るべくして来たのかもしれないなぁなんて、そんなことを思った。

父と母の部屋(岡本太郎やその父母の年表や活動内容が展示されている)が
一番面白かった、てのは友人と一致した意見。
やっぱり、美術作品とか、映画とかもそうだけど、
その作品が生まれることになった背景、
文化的背景もそうだし、作者の思想とか、家庭環境や生まれ育った歴史とか、
そういうものを知っているのと知らないのとでは、
作品に対する見方が全然異なるのだなぁと思う。

作品自体はそれほど好き!というわけではないのだけれど、
いやいや非常に面白かった。


そののち、私が彼女に合わせたかった人と、
3年前に一度会ったことのある彼女の友人とも合流して、4人でお茶@向ヶ丘遊園。
信頼のおける友人やその知り合いだと、言葉が通じあうのが早い気がする。
前提を確認しあう必要がないかんじ。
彼女に私が伝えたかったこと、が、余計な説明がなくともすんなり嵌っていく感覚。
こういうの、最近多い。
そこに甘んじてしまっては、新しい広がりがなくなり世界が狭まるのでよくない。
というのも一つの意見ではあるけれど、
そこに甘んじてしまう期間っていうのがあってもいいのだと思う。
そして、今はそこに甘んじていたい気分。だし、そういう期間、きっと。

二人と別れ、新宿で彼女と軽く一杯。
40分しか時間がなかったけれど、恋愛観や結婚観について、話し合う。
私は、思ったことを躊躇なく素直に話せる人って、あんまりいない。
そんな中、彼女は特別。遠慮なくためらいなくすらっと話せる。
それは、何をいっても大丈夫だという安心感。
間違ったことを言ったら正してくれるという安心感(押し付けではなく)。
彼女はきっちりとした自分軸を持っている人なので、
そしてそれを私は信用しているので、だからこそ話せるのだと思う。
加えて、たぶんお互いそれぞれのどうしようもなく人間臭い部分も知っているので、
気取る必要がない。それも大きな一因。
依存、とは違う。それぞれがそれぞれの考えを考えとして尊重しつつも、
自分の考えに照らし合わせて、
取り入れるところは取り入れる。相いれないところは相容れない。
そういう、個々に独立しつつも、要所要所で影響し合える感覚。
こういう付き合いができる人って、本当に貴重。

自分を持っている、自分がぶれない、でもそこに固執しているわけではなく柔軟。
そういうところにおいて、私は彼女を尊敬している。
感覚が似ている部分も多々あり。
ちょっと心に引っ掛かっていたことも、話したこと+感想を聞いたことですっきりした。
あ、私ってそもそもそういう人だったじゃんね、って自分でも気づいた。

なんだか最近、周りの人の貴重さが身にしみる。
周りの人に生かされている感覚というか。
あぁ、なんだか私おばあちゃんのようだ。年をとってしまったということか?
もっと、アグレッシブにい(生・行・逝)きたいのだけれど、なぁ。
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-03-26 00:44 | 日々のこと  

一か月の猶予期間

実は今、会社を休んでいます。
1か月くらいを目途に休む予定。

休暇中にやりたいことはたくさんあって、
ひとまず、5月のTOEIC試験勉強は必須でやろうかなと思ってます。
なんて、ここに書いてしまうのは、自分へプレッシャーを与えるため。
400点とかとっちゃたらどうしよう、なんて実は真剣に心配してるんです。

1か月って、長いようで結構短い。
基本ぐうたらな私なので、何も考えてなかったら、
ただひたすら寝てそれでおしまいになってしまう気がする。

映画も見ようと思ってます。本もたくさん読もう。
ひそかに、転職活動もします。

それらを全部含めて、いろんなことを決めようと思ってます。
長~い人生、1か月くらい休んだっていいじゃん?ねぇ、きっと。
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-03-24 21:51 | ・語学など  

草津にいってみました(その3)

それでようやっと、草津温泉の思い出へ。

●その1:有名な草津の湯畑
初日は夜中まで飲み明かし、草津観光へと繰り出した2日目。
まずは有名な湯畑へ。
d0119787_1223477.jpgd0119787_12341.jpg







この湯畑、岡本太郎デザインなんですって。こんなとこにも太郎さん。
奥のほうで湯けむり漂っているのが源泉だと思われます。そこから木製の桶を通って、だんだん冷めてきた温泉水が、ドバーっと岩肌を滑り降りて行く様を眺めていると、これぞ草津!草津っぽい!てな感じでテンションあがっちゃいます。
もちろん、お約束、美人OL草津湯けむり殺人事件ごっこ、もしました。

●その2:どうも名物らしい、マイタケ天ぷらとお蕎麦。
お昼ごはん。飲みすぎにより朝ごはんを抜かざるを得なかった若干2名のたっての希望で、
通りがかったお蕎麦屋さんへ。
d0119787_23303089.jpgこちら。
おいしかったんだけどさ。こういう温泉地とかちょっと田舎の観光名所って、たいてい名物は山菜と蕎麦だよね。それって、自然豊かな山とおいしい水が名物です(てかそれしか無い)ってことなのかもしれないけれど、もうひと捻りほしいよなあって、毎回思います。こう、くいっともうひと捻りあったらまた来ようって思うかもしれないのになぁ。
まぁ、草津はお湯がなんてったって一番の名物なのだから、くいっとする必要ないのかもしれませんけどね。

なんてなこと思いつつ、食べたお蕎麦は、けれども非常においしかった。
打ちたて茹でたてしか出していないらしく、狭い店内のお客が一回転するごとに、20分くらい待たされる。その待ち時間が、あ、今打ったばっかなのね。それを茹でてんのね。とわくわく感をあおるのだけど、そのあおりに負けないおいしさでした。蕎麦っておいしいなぁ。お腹が減ってたからかなぁ。

そんなお蕎麦屋さんは、『そば所わへい』さんです。d0119787_1435337.jpg
お手洗いに行くと、たしかこんな張り紙がしてありました。
「この店は兄弟でやっています。夫婦ではありません」
このアピールは、いったい…。
勘違いされるのがそんなに嫌なのか、はたまた、このままでは出会いが減ってしまう、なんとか未婚であることを表現せねば!と思いあまっての行動か、はたまた、実は禁断の愛に身を焦がした兄妹が家を飛び出した末草津の地にたどり着き・・・と妄想は膨らむばかり。
いろんな意味で楽しめるお蕎麦屋さんでした。

お蕎麦を食べた後は、みんなで隣の珈琲屋さんで珈琲をいただくことに。
なんで草津まで来てイタリアンコーヒーなんて飲んでるんでしょうね、我々は。
でも食後の珈琲ってほんとうにおいしい。おいしい珈琲を飲むとどこにいたって幸せになれる。


・・・は。草津の話なのに肝心のお湯のことを書いていません。
女子風呂内はさすがに撮影できないもんだから、すっかり失念していた。
●その3:草津温泉~お風呂にて~
(画像なし)
お風呂には、とまったお宿で2回、日帰り入浴に1回計3回入りました。
温泉地に行くときは、だいたい毎回、5回は入ってやる!と意気込むのだけど、いつも3回くらいで落ち着きます。そんなもんです。
で、肝心のお湯。草津の湯って、そんなに温泉くさいわけじゃない。さらっとしていて、気持のよいお湯でした。源泉使っているだけあってか、湯ざめもないし、ずーっとほかほか。
腕がお湯をはじかないのは、きっとこのお湯のせいよね、温泉成分がそうさせているだけよね、なんて・・・会話がもつはずもなく。わかってます、歳のせいです。ため息の出る女性陣でした。
でも、湯船につかってるとしみじみと、本当にいいなぁまた来たいなぁ、と思わせる湯。
さすが日本三名泉のひとつ。またぜひ訪れたいもんです。2泊くらいでこんどは湯めぐりしたいな。

-------------------------------------------------------------

うん、写真があると結構記憶はカムバックするもんですなあ。
これからも、写真を撮ろう、さりげなく自然体でパシャリとできる技を身につけよう。
と決意した草津温泉旅行でした。
(でも、いろいろ考えたことあったのに忘れちゃった。これからはきちんとメモもとろう)
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-03-22 00:58 | ・旅日記(JAP)  

草津にいってみました(その2)

草津の話を書こうと思ったものの。なんだかもうあんまり覚えてないなぁ・・・。

どこか旅行へ出かけたり、あるいは日々思うことがあったりしたとき、
私は割と手帳にメモを残すことが多いのだけど、
草津はいかんせん、大勢で出かけたのでメモをとる間がなく。
何を考え何を思ったのか…、忘れてしまった。うう。

記憶ってのは当てにならないからね。
(ただでさえ私はどんどん記憶を消去していく傾向にあるので)
それでメモをとるのだけど、
そのメモがないのだから忘れちゃったって当然ってなものです。

そう、記憶力は当てになりません。
どこかで聞いた話を、自分の中で作り変えて思い込み、
さも真実のように話してしまうことって、たまに(いや結構)あったりします。

草津でも。
わたしは温泉につかる野生のお猿をみるのを楽しみにしていたのに、
友達にまでいるはずだ!と意気揚々と語ったのに、
どこを探してもそんな猿はいなかった。
今、ググっと調べたら、そもそも草津にそんなお猿、いないご様子。
あぁまたやってしまった。得意技その3・「思い込み語り」です。
(ちなみに得意技その1は、「自意識過剰」です)
私の話は80%くらいで聞いておいたほうが確実です。きっと。

で、まぁそんな草津。
猿はいねども、人はたくさん。メモは無くても、写真があるさ。
記憶力の弱い私だけれども、写真を見ると、少しは思い出が呼びさまされるのだから、
そういう意味では写真って便利。
私は自分が写真に撮られるは大嫌いなんだけど、自分で写真を撮るのは割と好きです。
人物写真も、狙った記念写真(みんなで並んでニカーって笑ってるやつ)ではなくて、
あえて狙って自然体なみんなを撮りに行きます。パシャパシャ。

でもそこで顔を出す自意識。
「わたし、写真家気どりっぽくない?は、はずかしい…」。
てなわけで、みんなの前に回って自然体を取るのには抵抗があったり。なかったり。
そうすると必然的に、私の撮る写真には
(1)風景画
(2)みんながバラバラ歩く後姿(どこが自然体やねん、という突っ込み大歓迎。むしろ自分で)
の2パターンくらいしかないのです。
もっと空気に溶け込んで自然にパシャリと自然体な風景+人物がとれるヒトになりたい…。

なんだか相変わらず前置きが長い。
そういうわけで、写真を見ながら振り返る、草津温泉。
は、その3へ。
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-03-21 23:54 | ・旅日記(JAP)  

草津にいってみました。

ずーっと行ってみたかった草津。温泉。

温泉行きたいねー、そうだよねー、いこうよいこうよ、行くなら草津がいいあたし草津いったことないし、いいね、じゃあいつ行く?、あもう今月予定埋ってるや、じゃ、来月?、でも草津って遠くない?日帰り無理だよね・・・

なんていう会話が何度か繰り返され、もはやわたしは草津に行くことができないんじゃないかと漠とした不安を抱えていた矢先、同級生M君の尽力により無事、草津に行くことができたのでした。我が高校同級生万歳!みんな段取力あって素敵なり。


口約束は流れることが多いけれど、約束が果たされるのか否かは、ようはその双方にやる気があるのか、がんばるパワーがあるのか、という話で、あとはタイミングの問題だよね、と昔思ったことがあった。私は、何か約束をしたらそれが果たされないと嫌だ。適当に約束する人なんて大嫌い。本質的にはそういう人間。(たぶん、自分の期待が裏切られることが怖いという、自己防衛本能)。だから、何か口約束でもどこどこ行きたいよね、とかそういう話になったらすぐに「いつにする?」と口に出す。その場でそのままうやむやになれば、あ、これは口約束・いわゆる礼儀ってやつね、と判断。すぐ忘れるようにして。とんとんっとスケジュールが決まれば、ひと安心。あとはその約束の出来事へ向けたわくわくを楽しむ。

なんだけど、大人になって思う。タイミングって、誰かの意思がないとなかなか合わない。昔のように、なんとなくに任せていてもうまく行くってもうないな。そして、今回のように、大人数でとなってくるとそうれはもう。段取力がないとなかなか前にすすまない。だから、わたしは高校の同級生諸君を尊敬しているのです。すばらしいです。みんな。

わたしは、自分にないものを持つ人を尊敬します。それが尊敬できる内容であれば。
段取力。
わたしには、段取力があまりないのかもしれない。面倒くささが先にたっちゃうんですね。なんとかなるさ、と結構いつも思ってしまう。何があってもどうにかなるさ、って。でもそれっていいのか悪いのか。大勢で行動するような場合は、あんまりこの考え方はよろしくない。

今回の旅行中も。次どこ行こう?とかそういう話をしているとき、やっぱりM君が中心で考えてくれたわけです。それで、すばらしいな、と思いつつも、ニッパチの法則じゃないけれど、今仕切っているこの人がいなくなったら、誰かが仕切ってくれるよね、という話となりました。
M君がいなければ、MちゃんかNさんが仕切ってくれるだろうし、その二人がいなければ次は・・・てな具合で。そうやって具体的に考えていったらば、あ、私やっぱり一番最後まで仕切りやさんにならないや、と気づいてしまった。そしてみんなもそれに同意。私が段取りしてるのって想像できないってさ。わたしには、やはり段取り力がないのかしらん?そんなことないと思うんだけどなぁ。でも、人の気持ちをおもんぱかる、というレベルが世間一般のそれと少しずれているかもしれない。自分基準で考えてしまうので。こんな人ばっかだったら、いやな世の中だろな・・・反省。他人基準という目線をもつことが、たぶんもう少し必要なんだな、私には。


そう、この草津温泉旅行は、大人数、男女ひっくるめて7人で出かけたのでした。ちょっとした修学旅行みたいで楽しかった。お湯もいいし。お酒もおいしいし。気のおけない人たちなので気張る必要がなくてラクチン。その分、なんでもあけすけに話してしまうので個人的に色々深く考えてしまったりもしたけれど。


あぁ、なんか全然草津の話になってない。その2へ続く。
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-03-09 23:33 | ・旅日記(JAP)  

兎と亀と、ヘンリー・ダーガー -「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」展

d0119787_22451760.jpg
 信じられるだろうか。私は、多くの子供と違い、
 いずれ大人になる日のことを考えるのが嫌で仕方なかった。
 大人になりたくなかった。ずっと子供のままでいたかった。
 今私は、年をとった不自由な老人だ。なんてことだ!
 (ヘンリー・ダーガー『The Histry of My Life』)
 



このあいだ、我が会社の部長さんが興味深い話をしてくれた。

兎と亀のハナシ。
兎と亀の話って、そう、あの有名な話。

この話の教訓は、
「ちょっと余裕があるからって怠慢かましたら、負けたとしても自業自得。ちゃんと最後までがんばりましょうね」 と、まぁ一般的にはそんな感じでしょうか。

でも、本当に注目すべきは彼らの目線にあるのだ、と部長さんはおっしゃいます。
兎が見ていたのは、亀。亀が見ていたのは、ゴール。勝敗の差はそこにある。
もしも、亀が兎を見ていたとしたら、休んでる兎をみた亀も
「あーお腹へったし」なんつって草を食べたりなんかしだして、それをみた兎も
「あ、亀も道草してるし本でも読みながら日向ぼっこしまょしょ」なんつって
読書に没頭したりして、いつまでたってもどっちもゴールできなかったかもしれない。

結局、回りがどうとかそんな事は気にするべきではなく、
自分の目指すものに向けて目線をずらさずにいることが、重要なのである。

と、部長さんはおっしゃるのです。


そうかぁ、それを良しとするならば、
私のいるべきところはやはりここじゃないな、と思ってしまった私。
私の目指すところは朧月夜のようにぼんやりとふわっとしていて、
でも月はちゃんとそこにある。
朧気であることや、それをきちんと言語化できないこと
(というよりも言語化してしまうと何かがずれる、嘘になる。風景を切りっとった写真のようだ)
を非とする必要はないのかもしれない。

けれど、もしもそのゴールが、誰にも認識されていなかったとしたら?
兎もいない、たった一人で歩く道だったとしたら?
それはどんな人生なのだろう。


それで、写真の彼、ヘンリー・ダーガーを思い出した。
去年のまだ初夏の頃、品川まで『ヘンリー・ダーガー展』を見に行った。

ヘンリー・ダーガー。
生涯、誰にも気付かれる事なくただひたすら絵を描き、
物語をつむぎ続けた人。
描かれた両性含有の少女達。それは彼の妄想?真実?
芸術性とか、そんな事はよくわからないけれど、
彼の人生を知ってしまうと、これらの絵から
何かある種の感動が喚起される。嘆息してしまう。


孤独の中に生き、妄想の中で埋もれ、それでも日常をこなし、死んでいく。
彼の目指したものは、見ていたものは、なんだったのだろう?
死後こうして日本でも展示されてしまうなんて、ひどく悲しい。
内面をさらけだされていることを、彼は知らずにすんで良かったと思う。

私には、こんな孤独は耐えられない。辛すぎると思う。
でもどこかで憧れているのではないか。

誰にも見えないゴールを目指すのだとしても、
そこに行こうとしている事をアピールする必要がある世の中だ。
誰にも伝わらない事は何も無いことと等しいのだ。
(そうであるならば、彼の人生はいったい何だったと考えるべきなのか?)


そういえば、彼の映画も制作・公開されちゃうんですね。
年をとった不自由な老人であることを嘆いていたのだとすれば、
いったい彼は何になりたかったのだろう?ひたすら子供でいたかったということ?
いずれにしても、こうして、ヘンリー・ダーガーの成したことは世界に認知されていく。
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-03-06 22:23 | 日々のこと