カテゴリ:・旅日記(JAP)( 6 )

 

三軒茶屋うらおもて

11月最初の3連休末日、11月3日は文化の日。
文化的活動をしようではありませんか。

 というわけで、やってきました、三軒茶屋から東急世田谷線で3駅先の松陰神社前。かつての同僚がこの付近に住んでいたため、何度か足を踏み入れたことがありーの、周りを散歩したこともありーの、けれどそのものズバリ、すぐそこに松陰神社があることにはこの日に至るまで気付きませんでした。そんな私は阿呆です。駅名が右から左。通過するだけ。

 思えば、地名・駅名は、きちんと意味のあるものばかり。
 三軒茶屋は昔、角屋、田中屋、信楽屋の三軒のお茶屋さんがあったといいますし、渋谷の由来には諸説あれど、社名・商品名検定 キミの名は (朝日新書 91)渋谷中心部の駅前なんてまさに谷ではないですか(大雨洪水警報時には、渋谷は避けるべし!)。知名・駅名のみにあらず、商品名には、企業の、ブランドの、想いが詰まってます(マーケチームの皆さん、たかが商品1つの名前決めんのに、どんだけ時間かけんだよ!なんて、思ってはいけません、ええ、それもお仕事ですから)。それに、あなたの名前にだって親御さんの願いがきっとこもってます。たかが名前、されど名前、意味を突き詰めていくと、案外知らなかった面白エピソードや感動秘話が隠れてるに違いありません。天下の朝日新聞さんだって、「キミの名は」なんていう社名商品名コラムを連載し、書籍化までされてます。

 そう、松陰神社前なんて、考えるまでもなく、松陰神社の前なんです。そして、松陰とは、考えるまでもなく、吉田松陰のことでございます。そこに気付かなかったのは私の脳の怠慢以外の何物でもない。ちょっと見てわかれよ!ですよね。

 でもね、私の通っていた高校は、そりゃあ適当万歳な学校でして、江戸時代の中盤までしか習った記憶がないんですよね、決して私が居眠りしていたわけではなく、いや居眠りはしていたけども。だから吉田松陰が何した人かなんて、さっぱりぷーなわけですよ。あれ?吉田松陰って、江戸時代の人?じゃないよね?まぁ、そんなレベルですよ。それでも、なんだか偉い人だったということはわかる。そして、その偉い人をまつった神社らしいということはわかる。でも、それしか分からない。隣を歩く男の子の目はらんらんと輝いてるけれど、私の頭の中では?が渦巻いてます。松陰さんってどんな顔だったけか?浮かんでくるのは、なぜか近藤勇。たぶんこのまえ『燃えよ剣』を読んだから、日本史ってくくりだけで、ごっちゃになってる。失笑してくだすって結構ですよ。

巨樹紀行―最高の瞬間に出会う それでも、私は私ですごく楽しい。なぜなら私は神社が好きだからです。何が好きかというと、木が好きなんです。神社の木々は、たいがい樹齢を重ねたおじいちゃんであることが多い、どっしりとしていて安心感がある。なんたって、木が好きで大学では森林専攻していた身ですから。大樹が好きで、家にある『巨樹紀行-最高の瞬間に出会う』(もちろん自ら喜び勇んで購入)を眺めては、うっとりしている身ですから。神社はそれだけで好きなんです。存在そのものが、その空間が。
d0119787_158446.jpg

 そして、木がきちんと土に植わっていることがいい。気持ちよさそう。土と緑の香が薫ります。まっとうだなぁと思う。虫の声も、鳥の声もきちんと聞こえてくるんです。これが正しいあり方なんだよなぁと思ってしまう。コンクリート漬けの東京砂漠に埋もれちゃったら、そりゃあ頭もおかしくなるってもんです。もっとさ、神社的空間を増やすべきだと思うですよ。人為的公園とか形ばかりの緑じゃなくてね。一つ一つ単独で生かされた“生”を増やすんではなくて、相互作用によって共存していく多様的な“生”を。生物多様性とか、里山共存とか、そんな難しい話じゃないんじゃないかという気がするんだけどなぁ。

 木を見てうっとりしている私とはうらはらに、ふと気づけば、松陰さんのお墓や松下村塾のレプリカ(って言ったら歴史ふぁんに怒られるかな・・・どきどき)の周りには、歴史好きそうな男の子たちがうっとり佇んでいる。あらま、なんで男の子って、こんな風に歴史好きが多いんだろ。もう過ぎ去ったことなのに。面白ポイントを教えてほしい。誰か教えて。

 そんなわけで、三軒茶屋のおしゃれイメージとはちょっと異なる、穏やかなお散歩はおしまい。東京には、やっぱりまだまだ隠れたお散歩スポットが隠れているに違いない。探すべし。

♯おまけ。世田谷線路沿いにたたずむ、かわいかった耳かきびと達。
d0119787_2163119.jpg

[PR]

by yebypawkawooo | 2008-11-07 02:24 | ・旅日記(JAP)  

丸の内散歩日和

 久し振りに会った友人Nと、丸の内界隈を散歩した。ペニンシュラを頂点とした、整備されたあの一角。人影まばらな深夜のその空間に、凛と立つ銀杏の緑が美しい。紅葉はもう少し先の行幸通り。そういえば、かつてNとよく会っていたころは、夜中に様々会話をしながら、いろんなところを歩き回ったものだった。靖国通り、四ツ谷のお堀沿い、神楽坂。今となっては、何を話していたのか、何をそんなに話すことがあったのか、うまく思い出せない。けれど、当時の雰囲気はよく覚えている。二人の空間を取り囲むかのごとく何か熱っぽく浮かれたような独特のあの空気は、そうかあれが青春とも呼べるものなのかもしれない。

 当時は気づかなかった自分の置かれた立場や状況が、今にしてよくわかる。自分の青臭さや甘さ、それを聞いてくれたNのやさしさも、交わした意見の稚拙さも、お互い様だ。そして今気づくのは、確実にあのときよりは進んでこれていたんだということ。少なくとも4年前よりは、2年前よりは、当時を客観視できるようになった分、進んでいるのだと思いたい。そして同時に、今から2年後、4年後には同じ状況が繰り返されているだろうことも容易に想像できるのだ。

 当時より成長したこと。それは、周りを見る余裕が生まれたこと。

 丸の内の行幸通りは、なんて美しい。特に深夜のそれだ。立ち並ぶ路面店のウィンドウからのぞく商品達は、暗く閉店した店内で昼間の喧騒を忘れている。いや、反芻しているのか。ひっそりと、実に凛々しくそこに存在しているように見える。誰も見ていない時まで、あなたたちは体面を保つのか。見た目麗しくあろうとするのか。それは、神の視点を私に想起させる。深夜の閉店された店内で、規則正しく陳列し続けるということは、他人の目のない日常であっても常に神の目を意識し行動することに、どこかでつながっていくような気がしてくる。キリスト教徒でも仏教とでもない私の、常に半分堕落しているような心持ちに迫ってくるように感じ、恐ろしくなって振り向けば、変わらない友人の顔がそこにある。間の抜けた、顔。

 丸の内の行幸通りは、美しいのだ。そのことに初めて気づいた。深夜には人が少ない。銀座の喧騒はもう何本か向こう側にあるし、車通りの多いお堀沿いの道はすぐそこだけれども、なぜだかシンとしている。規則正しく並んだ道は、札幌の街を思い出させる。しかし、札幌よりもずっとずっと綺麗だ。本当に日本なのかと思う。街並みや空気や銀杏や、その並ぶ間隔や、道路のあり方が、本当に美しいと思う。震えがきて肌寒いことに思い至り、冬がもう後ろまで迫ってきていることに気づく。が、紅葉はまだだ。銀杏は緑で、まだ緑であることがなぜだか嬉しい。黄色だと、万人受けする感じが私の気に入らない。

 そう、私は天の邪鬼だ。その天の邪鬼ぶりを、たぶんNは面白がっている。いつまでもそのイタイ感じを大切にすべきだと力説する。イタイのか、私は。

 東京は綺麗だねーと、無邪気に思う。無邪気に言い合う。言いながら通りを超えるとそこには雑多な喧騒が広がり、ちっと綺麗じゃない。けれど、東京にはもっときっと、見るべき場所がたくさんあるのだ。無言で同じことを思う。また出かけようと言い合う。いつとは約束しないけれど、また変わらぬイタさを確かめ合うために、約束は反故にされないことを分かっている。 
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-11-05 23:57 | ・旅日記(JAP)  

草津にいってみました(その3)

それでようやっと、草津温泉の思い出へ。

●その1:有名な草津の湯畑
初日は夜中まで飲み明かし、草津観光へと繰り出した2日目。
まずは有名な湯畑へ。
d0119787_1223477.jpgd0119787_12341.jpg







この湯畑、岡本太郎デザインなんですって。こんなとこにも太郎さん。
奥のほうで湯けむり漂っているのが源泉だと思われます。そこから木製の桶を通って、だんだん冷めてきた温泉水が、ドバーっと岩肌を滑り降りて行く様を眺めていると、これぞ草津!草津っぽい!てな感じでテンションあがっちゃいます。
もちろん、お約束、美人OL草津湯けむり殺人事件ごっこ、もしました。

●その2:どうも名物らしい、マイタケ天ぷらとお蕎麦。
お昼ごはん。飲みすぎにより朝ごはんを抜かざるを得なかった若干2名のたっての希望で、
通りがかったお蕎麦屋さんへ。
d0119787_23303089.jpgこちら。
おいしかったんだけどさ。こういう温泉地とかちょっと田舎の観光名所って、たいてい名物は山菜と蕎麦だよね。それって、自然豊かな山とおいしい水が名物です(てかそれしか無い)ってことなのかもしれないけれど、もうひと捻りほしいよなあって、毎回思います。こう、くいっともうひと捻りあったらまた来ようって思うかもしれないのになぁ。
まぁ、草津はお湯がなんてったって一番の名物なのだから、くいっとする必要ないのかもしれませんけどね。

なんてなこと思いつつ、食べたお蕎麦は、けれども非常においしかった。
打ちたて茹でたてしか出していないらしく、狭い店内のお客が一回転するごとに、20分くらい待たされる。その待ち時間が、あ、今打ったばっかなのね。それを茹でてんのね。とわくわく感をあおるのだけど、そのあおりに負けないおいしさでした。蕎麦っておいしいなぁ。お腹が減ってたからかなぁ。

そんなお蕎麦屋さんは、『そば所わへい』さんです。d0119787_1435337.jpg
お手洗いに行くと、たしかこんな張り紙がしてありました。
「この店は兄弟でやっています。夫婦ではありません」
このアピールは、いったい…。
勘違いされるのがそんなに嫌なのか、はたまた、このままでは出会いが減ってしまう、なんとか未婚であることを表現せねば!と思いあまっての行動か、はたまた、実は禁断の愛に身を焦がした兄妹が家を飛び出した末草津の地にたどり着き・・・と妄想は膨らむばかり。
いろんな意味で楽しめるお蕎麦屋さんでした。

お蕎麦を食べた後は、みんなで隣の珈琲屋さんで珈琲をいただくことに。
なんで草津まで来てイタリアンコーヒーなんて飲んでるんでしょうね、我々は。
でも食後の珈琲ってほんとうにおいしい。おいしい珈琲を飲むとどこにいたって幸せになれる。


・・・は。草津の話なのに肝心のお湯のことを書いていません。
女子風呂内はさすがに撮影できないもんだから、すっかり失念していた。
●その3:草津温泉~お風呂にて~
(画像なし)
お風呂には、とまったお宿で2回、日帰り入浴に1回計3回入りました。
温泉地に行くときは、だいたい毎回、5回は入ってやる!と意気込むのだけど、いつも3回くらいで落ち着きます。そんなもんです。
で、肝心のお湯。草津の湯って、そんなに温泉くさいわけじゃない。さらっとしていて、気持のよいお湯でした。源泉使っているだけあってか、湯ざめもないし、ずーっとほかほか。
腕がお湯をはじかないのは、きっとこのお湯のせいよね、温泉成分がそうさせているだけよね、なんて・・・会話がもつはずもなく。わかってます、歳のせいです。ため息の出る女性陣でした。
でも、湯船につかってるとしみじみと、本当にいいなぁまた来たいなぁ、と思わせる湯。
さすが日本三名泉のひとつ。またぜひ訪れたいもんです。2泊くらいでこんどは湯めぐりしたいな。

-------------------------------------------------------------

うん、写真があると結構記憶はカムバックするもんですなあ。
これからも、写真を撮ろう、さりげなく自然体でパシャリとできる技を身につけよう。
と決意した草津温泉旅行でした。
(でも、いろいろ考えたことあったのに忘れちゃった。これからはきちんとメモもとろう)
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-03-22 00:58 | ・旅日記(JAP)  

草津にいってみました(その2)

草津の話を書こうと思ったものの。なんだかもうあんまり覚えてないなぁ・・・。

どこか旅行へ出かけたり、あるいは日々思うことがあったりしたとき、
私は割と手帳にメモを残すことが多いのだけど、
草津はいかんせん、大勢で出かけたのでメモをとる間がなく。
何を考え何を思ったのか…、忘れてしまった。うう。

記憶ってのは当てにならないからね。
(ただでさえ私はどんどん記憶を消去していく傾向にあるので)
それでメモをとるのだけど、
そのメモがないのだから忘れちゃったって当然ってなものです。

そう、記憶力は当てになりません。
どこかで聞いた話を、自分の中で作り変えて思い込み、
さも真実のように話してしまうことって、たまに(いや結構)あったりします。

草津でも。
わたしは温泉につかる野生のお猿をみるのを楽しみにしていたのに、
友達にまでいるはずだ!と意気揚々と語ったのに、
どこを探してもそんな猿はいなかった。
今、ググっと調べたら、そもそも草津にそんなお猿、いないご様子。
あぁまたやってしまった。得意技その3・「思い込み語り」です。
(ちなみに得意技その1は、「自意識過剰」です)
私の話は80%くらいで聞いておいたほうが確実です。きっと。

で、まぁそんな草津。
猿はいねども、人はたくさん。メモは無くても、写真があるさ。
記憶力の弱い私だけれども、写真を見ると、少しは思い出が呼びさまされるのだから、
そういう意味では写真って便利。
私は自分が写真に撮られるは大嫌いなんだけど、自分で写真を撮るのは割と好きです。
人物写真も、狙った記念写真(みんなで並んでニカーって笑ってるやつ)ではなくて、
あえて狙って自然体なみんなを撮りに行きます。パシャパシャ。

でもそこで顔を出す自意識。
「わたし、写真家気どりっぽくない?は、はずかしい…」。
てなわけで、みんなの前に回って自然体を取るのには抵抗があったり。なかったり。
そうすると必然的に、私の撮る写真には
(1)風景画
(2)みんながバラバラ歩く後姿(どこが自然体やねん、という突っ込み大歓迎。むしろ自分で)
の2パターンくらいしかないのです。
もっと空気に溶け込んで自然にパシャリと自然体な風景+人物がとれるヒトになりたい…。

なんだか相変わらず前置きが長い。
そういうわけで、写真を見ながら振り返る、草津温泉。
は、その3へ。
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-03-21 23:54 | ・旅日記(JAP)  

草津にいってみました。

ずーっと行ってみたかった草津。温泉。

温泉行きたいねー、そうだよねー、いこうよいこうよ、行くなら草津がいいあたし草津いったことないし、いいね、じゃあいつ行く?、あもう今月予定埋ってるや、じゃ、来月?、でも草津って遠くない?日帰り無理だよね・・・

なんていう会話が何度か繰り返され、もはやわたしは草津に行くことができないんじゃないかと漠とした不安を抱えていた矢先、同級生M君の尽力により無事、草津に行くことができたのでした。我が高校同級生万歳!みんな段取力あって素敵なり。


口約束は流れることが多いけれど、約束が果たされるのか否かは、ようはその双方にやる気があるのか、がんばるパワーがあるのか、という話で、あとはタイミングの問題だよね、と昔思ったことがあった。私は、何か約束をしたらそれが果たされないと嫌だ。適当に約束する人なんて大嫌い。本質的にはそういう人間。(たぶん、自分の期待が裏切られることが怖いという、自己防衛本能)。だから、何か口約束でもどこどこ行きたいよね、とかそういう話になったらすぐに「いつにする?」と口に出す。その場でそのままうやむやになれば、あ、これは口約束・いわゆる礼儀ってやつね、と判断。すぐ忘れるようにして。とんとんっとスケジュールが決まれば、ひと安心。あとはその約束の出来事へ向けたわくわくを楽しむ。

なんだけど、大人になって思う。タイミングって、誰かの意思がないとなかなか合わない。昔のように、なんとなくに任せていてもうまく行くってもうないな。そして、今回のように、大人数でとなってくるとそうれはもう。段取力がないとなかなか前にすすまない。だから、わたしは高校の同級生諸君を尊敬しているのです。すばらしいです。みんな。

わたしは、自分にないものを持つ人を尊敬します。それが尊敬できる内容であれば。
段取力。
わたしには、段取力があまりないのかもしれない。面倒くささが先にたっちゃうんですね。なんとかなるさ、と結構いつも思ってしまう。何があってもどうにかなるさ、って。でもそれっていいのか悪いのか。大勢で行動するような場合は、あんまりこの考え方はよろしくない。

今回の旅行中も。次どこ行こう?とかそういう話をしているとき、やっぱりM君が中心で考えてくれたわけです。それで、すばらしいな、と思いつつも、ニッパチの法則じゃないけれど、今仕切っているこの人がいなくなったら、誰かが仕切ってくれるよね、という話となりました。
M君がいなければ、MちゃんかNさんが仕切ってくれるだろうし、その二人がいなければ次は・・・てな具合で。そうやって具体的に考えていったらば、あ、私やっぱり一番最後まで仕切りやさんにならないや、と気づいてしまった。そしてみんなもそれに同意。私が段取りしてるのって想像できないってさ。わたしには、やはり段取り力がないのかしらん?そんなことないと思うんだけどなぁ。でも、人の気持ちをおもんぱかる、というレベルが世間一般のそれと少しずれているかもしれない。自分基準で考えてしまうので。こんな人ばっかだったら、いやな世の中だろな・・・反省。他人基準という目線をもつことが、たぶんもう少し必要なんだな、私には。


そう、この草津温泉旅行は、大人数、男女ひっくるめて7人で出かけたのでした。ちょっとした修学旅行みたいで楽しかった。お湯もいいし。お酒もおいしいし。気のおけない人たちなので気張る必要がなくてラクチン。その分、なんでもあけすけに話してしまうので個人的に色々深く考えてしまったりもしたけれど。


あぁ、なんか全然草津の話になってない。その2へ続く。
[PR]

by yebypawkawooo | 2008-03-09 23:33 | ・旅日記(JAP)  

夏だから!海!

そろそろ、夏も終わったのかなぁ、というような涼しい気候が続く最近。
夏らしいことしたっけ?

と思い、そういえばしたじゃん!と思い出す。
今年の夏の思い出。備忘録もかねて、整理。

▲8月第1週土曜日 は、花火!
江戸川花火大会。1回しかあったことのない人のお誘いだったけど乗ってみて大正解。かなりいい場所で、どどーんと打ちあがる花火に感動。やっぱり東京の花火はスケール違う。

◆8月第2週土日 は、銚子の海へ。。d0119787_22465083.jpg
友人4名で1泊旅行。サーフィンの練習。そして、海の幸三昧のご飯と温泉。犬吠崎灯台からの日の出

◆8月第3週土日 は、大洗の海へ。
友人の先輩の友達のアメリカ人率いる海岸パーティー。BBQ。真夜中の海水浴。無料英会話!異空間。でも、AUSのパーティーもこんなんだった。外国人って、パーティー好きなんだなぁ。d0119787_22471938.jpg

◆8月第4週日曜日 は、湘南の海へ。
土曜の夕方に友人に突如誘われて、急遽決定。車でむかった湘南で、飛び込みサーフィンの練習。夜は絶品焼肉。日曜の湘南→東京の大渋滞は・・・初体験。

◆9月第1週日曜日 は、茅ヶ崎の海へ。
ボディボードのスクール参加。一度はちゃんとならとこってことで。BBってサーフィンと違って、小さい波でもすぐテイクオフできる。手軽で楽しい!初心者なのに上手いってほめらてご満悦。
でも、初めてクラゲに刺されてショック!見事な蚯蚓腫れが足に出現。

そして、再来週は島へ行く予定。
海三昧、花火も行った今年の夏。振り返れば、毎週海いっとるやん、私。
やっぱり、夏が好き。海が好き。
AUSのバイロンのあのきれいな海が恋しい。波待ちでイルカがよってくるなんて!
早く秋冬の楽しみを見つけないと、気持ちが落ち込んでしまう・・・。
[PR]

by yebypawkawooo | 2007-09-02 22:52 | ・旅日記(JAP)