カテゴリ:・旅日記(BALI)( 3 )

 

バリ日記3 -ロンボク島1

今日は、現実逃避で、思い出に浸る。
ロンボク島についたとこから。

・レンバル港・
レンバル港は、ロンボクの船の窓口。うかうかしてると、自称ポーターがやってきて荷物を奪われ、チップを要求されるらしい!という話を聞いていたので、しっかりバックパックをしょって、いざ入港。するも、あれ?誰もおらんがな。
d0119787_2310164.jpgd0119787_23101547.jpg








他のバックパッカー達(みんなヨーロピアン)とバスに乗り込み、出発。ひとまず、スンギギを目指します。バスは乗り心地そんなによろしくないけど、それはまぁご愛嬌。ここでそんな贅沢は全く求めてない。それよりも。過ぎ行く景色が、いい。あまりに良い。

行き交うちびっ子、点在する村々。広がる田園。森。木。山。

コンクリの中に緑が点在する東京都は違う。自然の中に、村が同居してる。私、ここに住めるだろうか?と考える。どっちか幸せなんだろうか?と。d0119787_2310381.jpg

“チドモ”という馬車が行きかう。かわいい。「ロンボクフェラーリだよ」って運転手さん。確かに。馬だし。チドモは、「チーカル、ドーカル、モントル」 の略。木の体、馬力、車輪、という意味らしい(確か?)


・スンギギ・
スンギギは、ロンボク一のリゾート地。リゾートに興味はなかったんだけど、今回は滞在時間が短く、一番お薦めされたので着てみた。確かに、町のつくりはリゾート然としてる。が、人がいない。ここは熱海か?廃れたリゾート?欧米の休みとかぶらなかったからかなぁ?ご飯もturist foodしかないし、あまり個人的にはお薦めしません。

d0119787_2312868.jpgが、確かに海はすぐそこ。beautiful! 夕方、スンギギビーチを西へ西へとお散歩。お、いい波。サーファー発見。ジモティかな?あれ、突き当たり曲がるとさらにビーチが続いてる・・・ってことで、さらに進むと、そこには地元ローカルの人たちが、わんさかいたのでした。


d0119787_23123499.jpgな、何事?と思ったら、屋台が出ていて、ちょっとした夏祭りのような。そうか、今日は日曜日。みんなお休みだったのだね。おりしも、日は傾きもう夕方。あの夏祭り特有のわくわく感、切ないような気持ち、はどこでも一緒なんだな。みんな楽しそう。私も楽しくなってくる。
アニョハセヨー、お元気ですかー、と点でバラバラ片言コリア、ジャパニーズで話しかけられる。ロンボク人もみんなfriendly。


観光地も、ちょっと奥にはいれば、わき道をすすんでみれば、そこには生活している人たちがいて、普通の普段の日々がある。そこに出くわすのが楽しい。入れてもらうのが、私にとっての旅の醍醐味だと思う。
脇道にそれると危険な国も多くなって着たけれど、バリは、ロンボクは全然そんなことはない。日本でも田舎にいくと、おばちゃんがご飯をご馳走してくれたり、そういうのと同じ。そういう優しさとか暖かさとか、自然なの、すごく。あったかい気持ちになる。こういうコミュニティで生活したいと思う。

今にして思えば、それはないものねだり。いい面があれば悪い面もある、というのはその通り。でもやっぱり、個人の幸せの追求が本質だと私は思っている。そこをどう定義し、求めるのか、それが課題。
[PR]

by yebypawkawooo | 2007-09-05 23:20 | ・旅日記(BALI)  

バリ日記2 -チャンディダサ~パタンバイ

ロンボク島へ行きたい!そう、思い立った。

ロンボク島は、とうがらしの島、という意味。
最後の楽園。そんな風にもいわれている。

今回バリに着た目的の一つが、このロンボク島。
サーファー達の間では有名らしいけれども、日本ではバリほどにはまだあまり知られていない。観光化されきってしまったバリではあまり会えなくなった、普通に生活している人たちに、もしかしたらあえるのではないかしら?と、そんな期待をもって。向かったロンボク島の記録。

・チャンデイダサ・
チャンディダサは、フェリーの発着港となっている町、パタンバイの、近くの町。ロンボクに行くにはフェリーか飛行機か、の選択が必要なのだけれども、私はもちろんフェリーを選んだ。

チャンディダサは、フェリーの発着の関係ではからずも、訪れた町。けれど、そこで出会った人たちは素朴であたたかく、親切で人懐っこかった。

例えば、散歩中にであった女の子、カトゥ。

カトゥは、私と同い年。英語がすごくうまい。なかなか厳しいバリの就職事情の話もしてくれた。クタのカフェで働いてるのだけど、まずは1年アルバイトで次の1年は契約社員、1年更新でもう3年働いて認められれば正社員になれる、という感じ。こんなに英語が上手ければ、仕事はたくさんありそうなのに。大変なんだな、と思う。お姉さんも失業して、つい最近食堂を始めたんだそう。
d0119787_17392640.jpg
そこで、カトゥのお姉さんの営む食堂でご飯を食べることに。チャプチャイ、という野菜炒めとミーゴレン。レストランではなく、食堂!というたたずまい。つくってくれたご飯は、“家庭の味”、という感じ。おいしい。カトゥに、最初見たとき18歳かと思った、といわれる。ここバリでも日本人って若く見られるのかしら?カトゥとは手紙を書く約束をして、お別れ。



d0119787_17461173.jpg泊まったホテル。チャンディダサへ予定外の訪問で一日しか滞在しない。あんまり安いところを探す時間がなくて、しかたなくとまったヴィラタイプのホテルだけど、一泊1500円くらい。今思えばすごく安い!けれど、あの時はあぁ、高いなぁ・・・と思っていた私。バリは本当に物価が安い。この後も色んな宿に泊まったけれど、1泊500円くらいだった。この旅の中では、割と高級ホテル。



d0119787_17475879.jpg散歩中にであった犬。というか、いたるところに犬、犬。犬だらけのバリ。白黒ぶちの子が多い。エサ(残飯置き場?)いっぱいあるもんね。あったかいし食べ物には困らない、天国だよね、ワンコ達よ。
振り返れば、私が小さい頃は、日本も犬、いっぱいいたなぁ、と思う。今はどこへいってしまったのか?保健所か?どっちがよくてどっちが悪いのかはわからない。けれど、何か日本は違うんじゃ?という気もする。そのやり方が。

たった1泊しかしなかった、チャンデイダサ。海がすぐそこにある、小さな町。出発前は、地名さえ知らなかった町だけど、今では私と同い年の女の子が住んでいる町として、“知ってる”町になった、こういうのってすごい!と思う。わくわくする感じ。つながった感じ。こういうのが面白いなぁと思う。

・パダンバイ・
次の日、フェリーがちゃんと出るかどうか確かめて、朝早くからパダンバイへ移動。パダンバイは、フェリーの発着港がある、小さな町。けれど、色んな路上店が出てにぎわっている。果物、お花、お菓子、朝早くから色々なものが売っていて、色鮮やか。あぁ、南国にきたんだなぁ、と実感がこみ上げてくる。
d0119787_17525847.jpgフェリーの発着時間が迫ってきたので、港へ移動。このフェリー、なんというか、地元民の足なわけです。ロンボクへ行くのに、観光客が利用するにはフェリーは行きにくいルート(飛行機の方がアクセス面でも時間面でも相当便利)っていうのもあると思うけど、ここには外国人がほとんどいない。
船を待つ人々も、地元民らしき人多数。9時発予定の船はなかなかでなかったのだけど、みんなのんびりゆったり待っている。こののんびり感・適当さが、逆にうれしい私。

d0119787_17545936.jpg9時半ごろ、船がやっと到着。写真は、みんなが、ぞろぞろ乗り込んでいくところ。この後、バイクもバスも、トラックも、どんどん入っていった。
この後船の中で、話しかけてきた船長さんによると、この船は日本製だそう。たしかに、船内の説明書きを良く見れば、そこには薄れた日本語が。車輌があたらしくなった中央線も、古い車輌はどこか外国で走ってたりするのかしら?とか思う。工業大国、日本。日本の資源は工業製品?

d0119787_1759041.jpg
出発間近の船から、ふと下を見ると、船のすぐ横で、子供達がスノーケリングをしている。いいのか!?危なくないの?でも、港なのにすごく透明度の高い海よ!もうそれだけで幸せな気分になる。


10時になって、1時間遅れでやっと船は動き出しました。みんな、そんなの気にしてない。このゆる~い感じ、いいなぁあ。



・船の中では・d0119787_1803561.jpg
地元民だらけの船の中。出発して20分も立つと、みんなこぞって寝始めた~!そうだよね、4時間半の船旅だもんね。でも、なんとなく危険な気がして眠れない私。そわそわしてしまう観光客の自分。普段はどこでもすぐ寝ちゃうのになぁ。

けれど。海が好き。海を見ていると飽きない。真っ青な海。遠ざかるバリ島と、はるかかなたに見え始めたロンボク島を眺める。

d0119787_182988.jpg
しばらくすると、船のいたるところから、みんなが海に向かって糸をたらし始めた。
な、な、なに?と思っていたら、どうも釣をしているらしい。船からたらされたたくさんの糸糸糸。その数、20本くらいあったんじゃなかろうか?ほんとにこんなんで釣れるんかいな?バリ人って・・・と思ってたら、釣をしているのはみんなクルーなんだそう。うーん、クルーの特権?でも、釣れるの??


d0119787_184994.jpg

ところが。やっぱり、ちゃんと釣れるんですねぇ。船のなかをうろついていたら、クルー室の横に魚を発見!ビニールでつくった、この蛸ようなものがルアーみたい。


うわお、釣れてるよ、と思いながらじーっとながめていたら、子供をつれたお父さんが話しかけてきた。外国人が気になるのか、みんなちらちらこっちを見ていたもんね。ニコニコ笑ったら、話しかけてくれたんだけど、その一言が。

「インドネシア語はなせる?」

d0119787_1872466.jpgええぇー話せませ~ん・・・。話せるとおもったのかな?観光地以外だと、英語はなせる人はやはり少ないよう。片言の英語でどこから着たの?何歳?などと、教科書の例文のような会話をかわす。それでも、そんな会話がうれしかったりする。そんな父と私ををきょとんと眺める男の子。彼は、やっぱり魚に興味しんしん。


そんなこんなで、ロンボク島へ到着。船、時間はかかるけど、アクセス悪いけど、でもとても楽しかった。思ったよりも揺れなかったし、多少退屈ではあるけれど、でも船を選んで正解だったなぁと思う。
[PR]

by yebypawkawooo | 2007-05-26 18:27 | ・旅日記(BALI)  

バリ日記

GWを利用して、インドネシアのバリ島・ロンボク等へ、7泊9日の旅行をした。
d0119787_7393096.jpg

かなり以前は、旅行=観光地めぐり、というような図式がわたしの頭の中にはあって、旅先ではなんだか無理して色々見ないと、とか、そういう無意識の義務感のようなものが実は結構嫌いで、だからそんなにものすごく旅行が好きということはなかった、のだけど。

ここ数年は、わたしの中での旅行の概念が変わってきている。
旅行というよりも、お出かけというか、ちょっとそこまで、という感じ。日常生活の延長上であって、その地域の人との交流や、そこから得る新しい知見や発見が面白く、さらに、日々の自分の生活とはかけ離れたところで、つまりただの一個体としての自分というものをいやおうなく感じさせられる事が価値なのではないかと感じていたりする。

そうなってくると、どんどん色々なところにいきたくなってきて、暇さえあれば、次はどこに行こうかなぁと思っていたりもする。

それで、無謀にもかなり無理やり有給をとって出かけたインドネシア。
5年前に訪れたときから、随分にぎやかになったなぁと感じることも多く、観光地化・都会化がすすんでるんだなぁと、自分勝手に暗い気持ちになることもあったけれど、5年前よりももっと、人のことや自分のことを感じる事が出来て、いってよかったなぁと心底思う。色々細かな問題はあったにせよ。
[PR]

by yebypawkawooo | 2007-05-19 02:29 | ・旅日記(BALI)