ワーホリについて(12/23)

ワーホリでバイロンへきている日本人が結構いる。
というか、日本人はワーホリがほとんどのように感じた。
みんな、会社辞めてきました、系。
結構いい年の人ばかり。そうか、こういう人生もあるんだなぁと思う。
しかも、こんなにたくさん、いる。

一方、その他の国の人。
ほとんど、長期休暇できている様子。
いいなぁ、日本もそういう文化取り入れてほしいなぁ。


話し変わって。

こっちにきて感じたこと。
それは、人の本質ってどこでもそうそう変わらないんだなぁ、ということ。
外国にくれば、前向きで社交的な人になれるか、なんて、
そんなことは全然なくて。

でも、学んだことはある。
人と短期間で親しくなろうと思ったら、

 1.名前を覚えること
 2.共通の話題を早く見つけること
 3.常に笑顔で、声は大きく

が結構重要だなぁと。
それをもってして、とにかく誰にでも話しかけてれば、
拒む人なんてあんまりいないし、たぶんすぐ打ち解けられる。

英語って(他の言語でも)たぶん、習得しようと思ったら、話したもん勝ちで。
下手な人でも、使ってる人のほうがどんどんうまくなってるのが判る。
慣れの問題だなぁ。たぶん。社交的な人が強い。
[PR]

by yebypawkawooo | 2006-12-23 22:17 | ・旅日記(AUS)  

<< クリスマス・イヴ(12/24) バイロン岬(12/23) >>