バイロンベイへの旅立ち

会社を、12月末日で退職することにした。
理由は、人間関係。
でも、それだけではなくて。

それに起因したいろんなこと。
自分のこれまでの人生・生き方や、自分の性格の嫌な面を、
否応無しに直視しなければならない事態に陥いったこと、
人との関係のあり方、とくに家族や友人などの近しい人とのあり方が
間違っていたのではないか、と思い始めてしまったこと、
そういうもろもろを、全てリセット、いや、バージョンアップさせて、
新しい局面に立ちたいと、そう思ったことが大きい。

それで、海外に行くことにした(逃げるように)。

よく、英語で話すと人格が変わるとか、
英語圏では自己主張しないと生きていけないとか、そういう話をきくが、
安直にわたしは、英語しかない場所にひとりで身を置こうと思った。
英語圏でしばらく生活すれば、もしかしたら何か変わるかもしれないと、
そういう思い込みで(いや、そう思い込ませて)、語学学校へいくことにした。

本当はアメリカに2ヶ月くらい行ってるつもりだったのだけど、
寒いところは嫌だったのと、お金の関係で(アメリカは総じて高い)、
場所はオーストラリアになり、
さらに、仕事の関係で期間はたった2週間になった。

それでも、いくと決めたら、期待は大きくなる。
心のよりどころがあれば、人生はある程度過ごしやすい。

日本人がいないところが良かったので、場所はバイロンベイに決めた。
学校は街に一校しかなかったため、すぐ決まり、
申し込みはとんとんと済んだ。


結局、クリスマス休暇があるので(そうか、キリスト教圏だった・・・)
語学学校に通えるのはたった1週間になったけれど、
1週間後には年末休暇の友人とシドニーで合流することになった。

引継ぎやら後始末やらで出発1日前まで仕事でばたばたと、
ほとんど準備らしい準備はできずに迎えた出発日。

眠い頭で、なんとか荷造りを済ませ、
わずか1週間あまりの生活と、もう1週間の休暇を過ごしに。
成田へ向かう。
[PR]

by yebypawkawooo | 2006-12-15 00:00 | ・旅日記(AUS)  

<< ホームステイ開始 最初の決意 >>